固定電話、携帯電話、FAX、インターネット、メールが今までの私の通信手段で
情報収集の手段の一部でした。Facebookなるもの、名前は知っていましたが、
なんかうさんくさい物と敬遠しておりました。親譲りの保守的な性格です。
今、黒船をはじめて見るみたいな、ガラパゴス諸島から流れ着いたみたいな、
そんな気分です。そんな経験ありませんけど...。
Facebook恐るべし。世の中こんなに進化しておったのか。
拙者、この数年何をしておったのじゃ! 愚かな事じゃ!
てなことで、
あるセミナーの主催の方、講師の先生に薦められ始めたのです。
世の中、情報がそこらにあふれるほどあります。以前、それは与えられるものと思っておりました。
そして、インターネットでは自分から探しにいくものと思っておりました。一方通行で味気ない感じ。
ただこの手段がないと情報も少なく、狭い範囲の限られたことしか入手できません。
Facebookは『友達』という仲間が持っている情報を仲間同士で共有できたり、感じたことを
瞬時に伝えあえたり、遠くの人たちがいつもそばにいるような、なんとも言えないほんわかな感じで
なかなかいいのです。いいねっていうやつです。
ただ、娘と息子は私と妻が始めたことを冷ややかな目で「あっ、そう。」と。
私と妻はこれと格闘しながら1ページごとに「なるほどなぁ。」とつぶやきながらキーボードたたいたり
画面をタッチしているのです。
理屈から入るからアカン。こんなもんはチャッチャーとやったらええねん。
20130504 235319